Press "Enter" to skip to content

ワイン(赤)🍷フランス産2本「トラディション レゼルブ」&「シェ デュ バタール ルージュ」は初心者にもおすすめ

先日、楽天で20種類のワインから6本を選んで5980円というキャンペーンをしていました。それでで購入した、ワイン2本のレビューです。

購入した時の記事はこちらです。

2/26 9:59まで楽天市場で開催している20種類の泡・赤・白ワインから選び放題オリジナル6本(5980円)を選んでみたよ!

そのうちの赤を2本開けまして、そちらを簡単ですが、レビューをしていきたいと思います。

今後の参考になれば嬉しいです。

 

トラディション レゼルブ

ワイン名 Tutiac Tradition Réserve IGP Atlantique
生産地 France
生産者

Les Vignerons de Tutiac (レ・ヴィニュロン・ド・トゥティアック)

最近は、スクリューだったり、プラ系のコルクだったり、いろいろ出てきていますが、こちらは、かなりしっかりとしたコルクで、好感持ちました。

コルクにもいろいろありますが、下記の写真の真ん中のコルクでした。

コルクでワインの味が変わるのは、ボトリングした後熟成させるワインだけという意見もありますが、私は、コルクの良し悪しが、その後も熟成できるワインであると知り、コルクの密度で生産者の心意気も知るのでした。

なので、ワインのアルミの封を開けて、コルクの種類がプラ系だったら、いくら良しとされているワインでもやっぱりちょっとゲンナリしてしまうのでした。

という意味では、このワインは◎

期待して開けました。

香りは、スミレ、ブルーベリーの他、シソということですが、爽やかな若さも残るワインでした。

コルクからみて、保存も効くようなので、少し置いてもいいかもしれません。エレガントに変貌する可能性もありです。

テイストも香りも飲み進めるとコクも出てきます。

後味も悪くありません。

リピは、どうしてもリピしたいという範疇ではありませんが、他に欲しいワインがない場合は、もちろんありです。

 

 

 


シェ デュ バタール ルージュ

ワイン名 Chais du Bâtard Vin Rouge
生産地 France
生産者

Ferdinand Labarthe

こちらのワインは、2019年ということもあって、ボージョレー・ヌーボーを思わせる、若さがありました。

おそらく、あまりワインに慣れていない方でも飲みやすい一本です。

ランチや、軽めのお料理(お野菜ベース)または、和食にも合わせられると思います。

リピありかと言われると、あまりワインが得意でないお客様がいらっしゃる場合にはありかもでもです。

ちなみに、ちょっと面白いのが、[Chais du Bâtard]をGoogle翻訳で調べてみると、

「ろくでなしセラー」って出てくるんです。

笑える〜。

イタリア語に翻訳してみると、[Cantine bastarde]。

まさしく、bastardeは、イタリア語で「馬鹿野郎」的(複数形)な意味です。

Cantinaは、ワインセラーなので、Google翻訳その通り。

結構、フランス語とイタリア語ってとっても似ているので、おそらくこの通りだと思います。

多分、フランスのちゃんとしたレストランでなくて、下町の美味しい食堂みたいなところで出されているようなワインなんじゃないかな。

そういうテイストのワインです。

話の「ネタ」にどうぞ。

また、軽く飲みたい日曜日のブランチなんかもいいかもしれません!

お試しください。

 

いかがでしたでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!

さらに、良い内容の記事が書けるよう、日々研究中です。

記事が役立ったという方は、ぜひツイッター・インスタグラムのフォローをお願いいたします。

 

Comments are closed.

Mission News Theme by Compete Themes.