Press "Enter" to skip to content

シチリアの愛され国民的食ひよこ豆粉で作る「パネッレ」の作り方。おつまみ・スナック・前菜にぴったり

皆様こんにちは、ハイブです。

本日は、イタリアのシチリアで愛されている国民食「パネッレ」のご紹介。

Table of Contents / コンテンツ *好きなところから読めます。

パネッレとは?

ひよこ豆の粉を水で溶いて、固めて揚げるだけというシンプルなものです。

そのままでも美味しいのですが、シチリアではこれをパンに挟んで食べたります。

ジェノバでも同じようなものを食べますが、少し調理法が違います。

また、ニースにいくと「ソッカ」というよく似たひよこ豆のクレープのようなものがあります。

ひよこ豆はタンパク質が豊富なので、ハンバーガーのようなファーストフード感覚です。

でもお肉より健康的。

お食事の前菜や、スナックとして食べられるように、今回は、あられのような3cm角くらいにしてみました。

カリカリ食感がたまりません!

 

 

動画

 

Healing Cuisineというチャンネルで、ご紹介しています。

気に入っていただけると「いいね」、また、チャンネル登録していただけると嬉しいです♡

 

 

材料

(1〜2人分)

ひよこ豆粉100g

水(ぬるま湯) 300g

塩 小さじ1

イタリアンパセリ

レモン

オリーブオイル

 

 

作り方

  1. ぬるま湯にひよこ豆を入れ、ダマができないように泡立て器などでかき混ぜる。
  2. 弱火にかけて、木べらなどでかき混ぜる。
  3. 硬くなってきたら、塩とパセリをいれる。
  4. 容器にオリーブオイルを塗る。
  5. 容器にひよこ豆の種を入れ、24時間程度冷やす。
  6. 3-5mm程度の薄さに切って、キツネ色になるまで揚げる。
  7. 粗塩やレモンを絞って出来上がり。

 

 

まとめ

ひよこ豆のレシピは、以前にも「フムス」をご紹介しました。

地中海沿岸ではよく食べられているひよこ豆。

中東のお料理には欠かせないお豆です。

栄養価はほとんど変わりませんが、大豆と比べると、ひよこ豆は食物繊維とビタミンが豊富。

タンパク質も豊富に含んでいることから、最近のベジミートに、ひよこ豆が使われているものが多いとか?

個人的には、乾燥豆を戻して食べる、食感のあるひよこ豆が大好きです。ちょっと手間がかかりますが・・。

お時間許すようでしたら、ぜひお試しください。

レモンをギュ〜と絞って食べるとなお美味しいよ♡

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

さらに、良い内容の記事が書けるよう、日々研究中です。

記事が役立ったという方は、ぜひツイッター・インスタグラムのフォローをお願いいたします。

 

こちらの記事もおすすめ

セレブの食事ヴィーガン・レシピ【ナタリー・ポートマン】も大好きなフムス

Comments are closed.

Mission News Theme by Compete Themes.